Eclipseでのlwjglプロジェクト作成

JAVAの開発環境といえばEclipse。そしてJAVAでOpenGLやらOpenALを使ったアプリを作るならlwjgl。備忘録としてlwjglを使うプロジェクトの作り方を記しておく。

Screenshot_from_2015-02-19 22:16:41普通にEclipseで新規プロジェクトを作成する。プロジェクト名を決めておく。後から変更もできる。

Screenshot_from_2015-02-19 22:18:01ライブラリタブを選択し、「外部JARを追加」する。あらかじめダウンロードしておいたlwjglから必要なjarを追加する。(たぶん)必要なものは・・・・ lwjgl.jar lwjgl_util.jar jinput.jar この三つ。Screenshot_from_2015-02-19 22:25:12

もしつくろうとするプログラムで日本語を表示したいならlwjgfontも追加する。クラスが含まれる本体(lwjgfont-1.1.jar)と日本語フォントをjarにしたもの(mig1p-1.0.jar)を追加する。

lwjgFontのチュートリアルのままで日本語フォントjarをつくったのでmig1p-1.0.jarとなっている。他のフォントを選んだならそのフォントのjarを使うことになる。

Screenshot_from_2015-02-19 22:32:51「順序およびエクスポート」タブでlwjgl.jarをJREのすぐ下にしておく。(理由はわからないがw)こうしないとうまく動かなかったことがあった。 「完了」ボタンを押す。

新規(Main)クラスを作る。

次にネイティブを指定しておく。

Screenshot_from_2015-02-19 22:42:41Eclipseの「実行」メニュー>「デバッグの構成…」からか、もしくは「プロジェクト」>「プロパティ」でプロパティウインド ウの「実行/デバッグ設定」タブを選択し、「新規」ボタンを押す。引数を与えるこのプロジェクトのMainを選ぶ。「(x)=引数」タブを選択しVM変数に「-Djava.library.path=natives」と入力する。そして「ok」ボタン。

Screenshot_from_2015-02-19 22:57:24このプロジェクトに新しいフォルダ(natives)(さっきVM変数に指定したものを作ってる)を追加して(プロジェクトエクスプローラーから)lwjglフォルダのnativeフォルダに必要なネイティブライブラリを追加する。今回はLinux用(.soの拡張子のファイル)とWindows用(.dllの拡張子のファイル)を入れた。MacOSX用は入れてない。だって作ってもテストできないしw

ここまでやれば次はコーディングに移れる(はず)。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です