改造。しかし見た目は変わらない。

今日は休みだったのでシューティングゲームを改造。敵グループのクラスと敵のクラスを改造した。実行しても何が変わったのかはわからないw

敵を発生させるためだけにグループのクラスを利用していた。例えば隊列を組んで出現するときは一定の出現場所やベクトルが必要だった。ところがそのままだと隊列が一旦、画面の下に消えて再び上部から出現するときに同じx座標から出現する。テストプレイしててゲームとしてつまならい。なので出現ポイントを変えていく必要があった。

なので敵グループの情報を利用し続ける必要ができてしまった。今後、もっと多くの敵のタイプを考案するときにもグループのクラスは利用することができそうだ。

メインクラスからグループのクラスを操作して、そのグループに所属する敵を操作するという方法に変えた。そして隊列が上から再出現するときの座標を変えることができるようになった。

言葉で記述するのはむずかしいw

今日は更に彗星型の敵がこちらに向かってくるパターンを追加した。得点が高くなるとよりそのパターンが多く出現するようにした。より難易度が上がったと思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です